HOME » 【特集】失敗しないマンション投資のカギ » 選ぶべき投資物件とは?

選ぶべき投資物件とは?

マンションを私設年金のための投資物件と考えたとき、より利回りが良いと評判のワンルームマンションについて解説しています。

中古ワンルームマンションの投資利回り

お金儲けとして不動産投資をするにしてもそうですが、私設年金として考えるとなおのこと、失敗はしたくないものです。

あくまでも投資ですから、確実に儲かるとは言えませんが、それでもできる限りのリスクを排除して利益を得るためには、それなりのノウハウがあります。

まず、マンション投資ではどういった物件を選ぶかが第一関門になるでしょう。

新築と中古。いずれを選ぶべきか。

結論から言えば、安定した家賃収入と高利回りが期待できるのは中古物件です。

というのも、新築ならきれいで入居者も集りそうですがが、購入価格はかなり高め。

いっぽう中古ならば、物件にもよりますが、新築の約7割という安い価格で購入することも可能です。

また、入居者状況なども把握することができるのも、中古物件の良い点と言えますね。

新築の場合の利点を挙げるなら、最初は人気も高く、高めの家賃設定をしても、入居者が期待できることです。

しかし、最初の入居者が退居すれば、その物件は中古扱いになってしまい、結局のところ、家賃は下がってしまうもの。

利回りの点からみても、新築は購入価格が高くなってしまうので、きちんと計算をすれば、取得価格が安い中古物件のほうに分があります

次に、ワンルームマンションがいいか、ファミリータイプの広いマンションにするべきかという問題をみてみましょう。

ある不動産投資会社が試算したところ、ワンルームマンションのほうが優れているという結論に達しました。

ファミリータイプの物件と比べると、ワンルームマンションのほうが、物件購入価格はもとより、リフォームの費用や空室期間、家賃下落幅、実質利回りといった点で有利な結果がでたそうです。

立地場所の選定も重要

選ぶべき投資物件内容ももちろん大切ですが、どの地域、場所(周辺環境)の物件を購入するべきかということも、よく考えてくださいね。

最も大事なことは、人が多く集う場所を選ぶべき、ということです。

東京や大阪といった大都市は賃貸需要が安定しています。

少子化で人口が少なくなるといっても、大都市は人が集中する場所として機能しているものだからです。

さらに東京では、ワンルームマンションの供給数が規制などにより頭打ちになっています。

つまり、ますます中古物件に注目が集るというわけです。

こうして、ひとつひとつのメリット&デメリットや、投資物件の種類を紐解いていってみてみると、私設年金として投資物件を考える場合、大都市にあるワンルームマンションがいかに魅力的か、理解していただけたと思います。

<サイト管理人からのひと言>
東京にある駅近中古ワーンルーム
と、覚えておきましょう

豊かで快適な第二の人生のために!
チェック!私設年金づくりのおすすめ投資会社BEST5を発表