私設年金をつくる方法

ここでは自分でつくる私的年金をつくる手段について解説しています。

私的年金として活用できる資産形成・資産運用の種類

自分で老後のお金の準備をする時に、まず考えるのが預貯金ではないでしょうか。

しっかり貯金してお金を貯める。

うん、これ一見、実に賢い資産形成っぽく思えますよね。

小さい頃、親からも「無駄遣いしないで貯金しなさい」なんて言われた人も多いのではないでしょうか。

しかし、現在はそんな時代でなくなってしまいました。

数十年前の日本の郵便貯金のように、預けておけば複利パワーで自然に増えていったのが、今の超低金利時代では、よもや夢の世界のお話です。

さらに追い打ちをかけるのが、政府の物価上昇率目標

そして、インフレリスクなども考えると、預貯金で一所懸命お金をためたとしても、資産が目減りしてしまうリスクがあるのです。

将来的な私設年金としてお金に活躍してもらいたいなら、投資運用を真剣に考えるべきでしょう。

資産形成・資産運用で利用できる私設年金

では、さっそくどんな資産形成の方法があるのか、主だったものを紹介しましょう。

株式投資/投資信託

リスク分散をすることで、中長期に渡り、高いリターンが得られるため、私設年金として活用できます。

保険商品

個人的に年金を積み立てていく保険のことです。契約するときに、支払開始の年齢(60歳、65歳など)を決め、それから一定期間(5年、 10年など、あるいは一生涯)にわたって、毎年支給を受けることができます

外貨建て預金

資産を米ドルやユーロ、エマージェンシー通貨などに分散して持つことで、為替差益を狙ったり、日本円に比べて高い金利で運用したりして、余剰を確保できます。為替リスクを軽減すれば、将来的なインフレ対策にもなります。

FX(外貨証拠金取引)

投資の中ではハイリスク・ハイリターンに分類されますが、上手にリスクヘッジをかけて、分散投資のうちのひとつとして取り組めば、運用益が大きく期待できます。

不動産投資

老後の安定的な不労収入になり、私設年金の手段として有用です。生命保険代わりにもなるし、所得税対策や相続税などでも節税効果が見込まれます。さらにインフレ対策としても有効活用できるといった、さまざまなメリットがあります

家賃収入が私設年金になるワンルームマンション投資が狙い目

私設年金として資産形成・資産運用する方法は、上記に挙げたように多岐にわたりますが、本サイトではその中でも不動産投資に着目しています。

他の投資商品と比べても、“年金”としての役割が大きいのが何よりのポイント。

家賃収入による私設年金としてはもちろんのこと、生命保険代わりや相続税対策としても使えるからです。

ただし、不動産投資はその額も多額になるため、素人が手を出すのは火傷しそうで怖いと思っている方が多いのも事実。

確かに物件のなかには、数億円を規模のクラスも多数あります。

でもね、じつは20代の若い世代でも無理なく始められる、数百万円台の物件もちゃんと用意されているのです。

それがワンルームマンションというわけです。

学生の独り暮らしや単身赴任者にとって便利なワンルームマンションは、これからも永続的な需要があり、また資産として比較的少額資金で不動産物件が所有できるため、私設年金代わりの投資法として根強い人気があるのです。

<サイト管理人からのひと言>
老後に自分で住んでもOKと考えたら
意外といい選択肢かも?

豊かで快適な第二の人生のために!
チェック!私設年金づくりのおすすめ投資会社BEST5を発表