私設年金の活用が豊かな老後を送るカギ!

豊かな第二の生活へ近ごろ、「私設年金のすすめ」と題して、さまざまな資金調達の手段が紹介されています。

なぜなのでしょうか。

それは、かなり以前から世の中では、行政から支給されるはずの、老後の暮らしを支えるための公的年金が破綻寸前と言われていることに端を発します。

実際問題として、働く世代4人で高齢者1人を支えている今の状況が、近い将来の少子高齢化のひずみによって、2025年には、なんと働く世代2人で高齢者1人を支えなければならないと予想されているのです。

国や民間研究所などがさまざまな調査で試算していますが、夫婦ふたりで老後生活を送るうえで必要と考える日常生活費は、最低でも平均23.2万円という結果が算出されました。*平成19年度「生命保険文化センターの意識調査」より

これはあくまでも、“人間らしい”日常生活を送るうえで必要な最低限であって、たとえば孫にお小遣いをあげたり、夫婦で旅行に行ったりといった、豊かな暮しが実現できるレベルの費用ではありません。

さらにこの先の見通しも、けっして明るい材料はありません。

公的年金の支給開始時期の引き上げや支給額の減額が検討されているなかで、公的年金だけを当てにしていくのは、もはや危険と考えるべきでしょう。

このサイトでは、こうした年金の現状を踏まえて、豊かなセカンドライフをおくるための私設年金づくりを真剣に考えていきます。

自分で築く明るい老後のための「私設年金」とは?

資産はどうやって調達する?もう、公的年金だけで豊かな老後生活を送れると考える時代は確実に過ぎ去ってしまいました。

これからは、自分の老後は自分で守っていかなければなりません

私設年金(あるいは私的年金)とは、要は自分で準備するお金です。

そう聞くと、単純に老後に必要になるだけ預金をしておけばいいと思う方もいるかもしれませんが、実はそう簡単なものでもありません。

簡単な例を引き出せば、将来インフレになって物価が上昇すれば、相対的にお金の価値が減じてしまう危険もはらんでいるからです。

しかも、蓄えているものが減っていくだけなので、予期せぬ多額の出費が必要になった場合には、その預金が足りなくなる可能性もゼロではありません。

その他にも、私設年金として利用できる金融商品は、株式投資や投資信託、外貨預金、FX(外貨証拠金取引)とさまざまですが、素人がうかつに手を出すにはリスクが高いと言わざるをえません。

将来の年金がわり、安定のために始める準備が、高いリスクを伴っていては本末転倒になってしまいますからね。

私設年金のためのマンション投資とは?そこで本サイトでは、私設年金として、ワンルームマンション投資に注目しました。

これなら家賃収入で定期的なお金がはいってくるし、それが私設年金として活用できます。

若いうちからローンで購入すれば、節税対策や保険がわりといった活用方法もあり、多面的なメリットのある資産形成/資産運用法になり得ます。

マンション経営は投資の素人でも比較的始めやすいものではありますが、そうといっても、自分だけでできるものでもありません。

ここはやはり、信頼できる不動産投資会社をパートナーに選ぶことが大切です。

とはいえ、初心者にとって信頼できるパートナーかどうかを見極めることは、そう簡単ではないですよね。

そこで、多くの不動産投資会社が初心者向けのセミナーを開催しているので、これに参加してみてはいかがでしょうか。

ファーストコンタクトとしてはなかなか有効な方法ですし、無料のところも多いので、ぜひ参加して比べてみてください。

このサイトは個人が情報収集してまとめたものです。特に不動産投資会社の詳細につきましては、公式ページなどを確認するようにしてください。[2014年12月現在]

豊かで快適な第二の人生のために!
チェック!私設年金づくりのおすすめ投資会社BEST5を発表